NPO法人なかよしねっとの取り組み

なかよしねっとの成り立ちは、障がいを持つ子どもたちの居場所作りから始まりました。

「子どもたちが一人ひとり生き生きと活動できる場所をつくり、守っていきたい」

そのために、たくさんのハードルを越え、たくさんの方々からの応援をいただき、何よりも

親が子どもの幸せのために何が必要かを常に考え、活動してきました。

 

私たちは現在、以下の事業を行なっています。

● 子育ての最初の交流・相談の場としての「子育て支援センター」

● 就学中の児童・生徒の居場所としての「障害児放課後児童クラブ」

● 社会参加活動の場としての「地域活動支援センター」

今年度よりの新規事業

● 地域で自立生活をする場としての「共同生活援助(グループホーム)設立準備事業」

 

応援してくださる皆さんと共に

2015年3月より、なかよしねっとの法人としての取り組みについて当HPと会報「なかよし通信」にて発信してまいりました。

私たちが今、考えていること、目標としていること、抱えている問題などをお伝えし、皆様と共有し一緒に考えていければ幸せです。

又、今後は勉強会などを行ない、その輪を広げていければと思います。

 

なかよしねっとの「声」

2015年9月より「なかよしねっとのつぶやき」の場所をFacebookに移動し、更に多くの方々に向けての発信の場を設けました。

これまで通り、日々の活動やできごとの中で感じたこと、「こんなことをしています」などを不定期に更新していきます。
Facebookアカウントをお持ちでない方、アカウントにログインされていない状態でもご覧いただけます。